小説の書き方

小説 文学 書籍

Month: December, 2011

#002 小説の構成

小説の構成とは何でしょうか?
小説は大きく分けて、

設定

展開

描写

で構成されています。
これらはそれぞれ別々の要素ですが、全てが非常に重要です。
設定は、初期設定と呼んでもいでしょう。登場人物や時代設定など全ての設定です。
展開とは、時系列に沿ったストーリーの進捗です。プロットとも言います。これが小説のキモになります。
描写は、設定と展開の説明です。描写自体で小説を組み立てることも可能ですし、描写の上手さや描写の特徴が小説家のセールスポイントにはなるのですが、基本的には描写だけでは小説は成立しません。

展開の組み立てこそが最も重要です。小説がストーリーテリングと呼ばれる由縁です。

#001 小説の分野やスタイル

小説を書くにあたって思いついたことを、備忘録としてブログに残そうと思います。一言で小説といっても、様々な分野があります。

純文学
短編小説
大河小説
推理小説
大衆小説
流行小説
ライトノベル
社会派小説
官能小説
などなど…

とりあえず「文章による創作」であれば、ほとんど定義は存在しない、とも言えるでしょう。
以上に挙げた分野はそれぞれ読者もかなり違うので、読者から求められる要素や水準も大きく違うのは理解できると思います。
小説を書く場合、基礎的な文章能力は身につけないといけませんが、最初から自分の書く小説の分野やスタイルを決めるのは大事だと思います。
その理由は小説は何度も書くことによって上達するので、違う分野やスタイルの小説を何度も書いている時間はないからです。どういう小説を書きたいか、という点をまず決めることが大事だと思います。
基礎的な文章力の上に、自分だけのスタイルを作っていくことが重要です。