#006 プロット作り

by bessy

では簡単なプロットを作ってみましょう。

男子高校生の太郎君と、女子高生の花子さんが入学式で出会い
お互いに好意を持ちます。
花子さんは思いきって太郎君に告白
2人は見事つきあうようになりました。
その後3年間2人は愛を育み、高校を卒業しました。

さてどうでしょうか?
これだと何の面白みもないですし、そもそも小説の展開とは言えません。
展開と言えるのは「告白」のところくらいです。

では少し修正しましょう。

男子高校生の太郎君と、女子高生の花子さんが入学式で出会い
お互いに好意を持ちます。
花子さんは思いきって太郎君に告白
2人は見事つきあうようになりました。
その後3年間2人は愛を育み、高校を卒業しました。
高校を卒業した2人は、花子さんは地元で就職、太郎君は東京の大学に進学します。
住む世界や場所が変わった2人は、徐々にギクシャクし始め、次第に疎遠になっていきます。
2人はそれぞれ、新しい恋人ができてしまい、別れてしまいます。
そして、卒業から5年後に高校の同窓会が開かれ、2人は数年ぶりに再会します。
もう昔の2人ではないですが、お互いに複雑な感情を抱きつつ、同窓会の夜が更けていきます……

これだとまあまあ面白く感じれたと思います。
少しタイムスパンが長いのが気になりますが、
起承転結のはっきりしたプロットと言えるでしょう。
つまりプロットのポイントは、「時系列としての出来事」です。

 

Advertisements