#58 プロット構築と執筆

by bessy

小説の書き方において、1)最初にプロットを全部組んでから書く人と、2)書きながらプロットを考える人がいます。
パソコンでの執筆が普及した現在ですと、書きたいパートからバラバラに書くということも可能になりました。
1)はどちらかというと論理的で緻密な人向け、2)は芸術的でひらめき型の人のスタイルだと思います。
1)と2)のどちらがいいのかについては、人により向き不向きがあると思います。個人的には、1)の方が最終的な執筆は短時間でかつ効率的だと感じます。
プロット自体があまり重要でない純文学の場合は、2)のスタイルの方がいいのかもしれません。

Advertisements