#60 ストーリーテリング

ストーリーテラーと呼ばれる作家がいます。
読み始めると結末が気になってしょうがなく、最後まで読むのをやめられないような作品を書く作家です。
こういう作品では、何よりも設定や構成が大切ですので、小説を書くまでの準備や取材に間違いなく時間や労力をかけています。
また、読者を一気に作品に入り込ませるための、スムーズで流れるような文章も、簡単には書けません。
読者を深く感情移入させるためには、長編であることも望ましいでしょう。
ストーリーテラー型の作家は、芸術家というよりは職人と言えます。
純文学的な立ち位置からは、ストーリーテリング的な作品はあまり高い評価を得ませんが、総合的な完成度は非常に高いのが特徴です。

Advertisements